高齢者や重度障害者の介護、痰の発生をなくせば痰吸引は不要になる。

病気と症状
11 /30 2019
 高齢者や重度障害者の介護において、痰の吸引は、本人にとっても、介護者にとっても負担は大きいものである。しかし、気道粘膜の炎症にともなう痰の発生を制御できるならば、その負担を大きく減らすことができる。
 鼻、喉から気管、肺へとつながる気道に対して磁気療法を行えば、気道粘膜が正常化して、痰の発生を減少させることができるだろう。食べ物などが喉の炎症部分を刺激することもなくなるので、誤嚥性肺炎も起きにくくなる。また、風邪やインフルエンザの予防にもなる。
 気道粘膜の正常化は、現代医学でも、東洋医学でも難しいのが現状である。ところが、磁気療法ならばいとも簡単に行えるのである。患者本人のためにも、介護者のためにも、磁気療法を勉強するのがよいだろう。
関連記事

コメント

非公開コメント

zigk69

 数十年に及ぶ超重症のうつ病など、いろいろな病気に苦しんだ。心身の破綻を回避できる方法はあるのか、それだけを考えてきた。生命は極めて複雑であり容易には理解できないが、必ず物理法則に従っているはずである。これならば科学化できると確信したのが磁気療法である。
 生体は磁気にどのように反応するか、物理法則によってどのように説明できるのか。自己実験と思考実験を繰り返す、試行錯誤の日々であった。その集大成を電子書籍『ニセ科学ではなかった磁気療法』として公開している。
 磁気を加える部位とS磁・N極の選択が正しくなければ効果はない。そのための法則と理論が書かれている。それを理解すれば、誰もが多くの病気を即効的に完治させて健康を取り戻すことができるだろう。