「ドライアイについて」の「原因」と「治療」をどのように説明するべきか

病気と症状
12 /05 2019
 数年前にドライアイを経験したことがある。
それについては、以前もブログに書いたことがあるが、再度書くことにする。

「原因」
 涙の分泌減少や質の変化は、血管から涙腺への透過性、血漿タンパク質アルブミンンなどによる浸透圧の調整機能が低下したことによる。タンパク質分子の機能異常は、正常な構造状態から構造が変化したことによって起きる。その構造変化は、「構造相転移」という物理変化である。

「治療」
 血漿タンパク質アルブミンなどの構造を正常状態に戻せばよい。相転移では、転移する条件さえ明らかであれば、物質の構造を詳細に知らなくても相転移させることができる。永久磁石から生じる磁気を10分か20分くらい加える。その後、10分ほどでドライアイの症状は解消する。逆に、花粉症などで涙が止まらない場合や、鼻水・鼻詰まりも同じように治療ができる。
 同様の現象として、例えば、脳脊髄液の制御も可能であることが期待される。脳圧上昇の抑制とか、脳脊髄液減少症とか、

「考察」
 このように、タンパク質という物質にどの様に磁気を加えればよいのか、それについての法則性と理論を知ることができればよい。それだけで、多くの病気を誰もが自分で治療することができるようになる。それで十分であり、それ以外の説明は不要である。人類にとって最も確実な知識である物理法則に基づく、理論的に正しい根拠があり確実で有効性が高い。
 科学的な治療法とは、このような治療法のことである。鍼灸や漢方薬などの代替療法において語られる科学に基づかない思弁的説明や、標準治療といわれる現代医学における確率論的で不確実な説明とは次元が違うのである。患者たちは、本当に病気を治したいのであれば、どれを選択するか、よく考えてみればよい。



関連記事

コメント

非公開コメント

zigk69

 数十年に及ぶ超重症のうつ病など、いろいろな病気に苦しんだ。心身の破綻を回避できる方法はあるのか、それだけを考えてきた。生命は極めて複雑であり容易には理解できないが、必ず物理法則に従っているはずである。これならば科学化できると確信したのが磁気療法である。
 生体は磁気にどのように反応するか、物理法則によってどのように説明できるのか。自己実験と思考実験を繰り返す、試行錯誤の日々であった。その集大成を電子書籍『ニセ科学ではなかった磁気療法』として公開している。
 磁気を加える部位とS磁・N極の選択が正しくなければ効果はない。そのための法則と理論が書かれている。それを理解すれば、誰もが多くの病気を即効的に完治させて健康を取り戻すことができるだろう。