磁気療法の適応症であるかを鑑別する検査は必要である

磁気療法とは
02 /26 2020
 近代科学においては、原因というものを重要視しなくなった。これを医学に当てはめると、原因なんか知らなくても治療が可能になるということになる。磁気療法においては、状態さえきちんと把握できれば検査・診断をしなくても治療ができる。ただし、どのよう法則にも適用範囲というものがある、磁気療法の適応症であるかを鑑別する検査は必要である。

 例えば、頭痛が起きた時、片頭痛や緊張性頭痛であれば、原因や病名を特定しなくて治療ができる。しかし、頭痛が脳出血による場合では、緊急手術を考えなければならない。このように、磁気療法の適応症であるかを鑑別する必要はある。適応範囲内であれば、原因や病名を知らなくても治療ができるので、検査・診断を省略することができる。検査・診断が不要なのであれば、病院に行く必要もなかろう。磁気療法ならば、患者が自分で治療ができるし、医療費も大幅に削減できる。

 このように、手術をしなければならない、重篤な後遺症が残る、栄養の過不足、遺伝子異常など、磁気療法の適応範囲外であるかの鑑別は必要である。そのための検査はきちんと行ったほうがよい。

 例えば、肺炎であれば、原因となる病原体を特定しなくてもよい。不要な情報であり、検査ができないから、治療ができないなんて、医師の寝言だろう。
 
関連記事

コメント

非公開コメント

zigk69

 数十年に及ぶ超重症のうつ病など、いろいろな病気に苦しんだ。心身の破綻を回避できる方法はあるのか、それだけを考えてきた。生命は極めて複雑であり容易には理解できないが、必ず物理法則に従っているはずである。これならば科学化できると確信したのが磁気療法である。
 生体は磁気にどのように反応するか、物理法則によってどのように説明できるのか。自己実験と思考実験を繰り返す、試行錯誤の日々であった。その集大成が、電子書籍『ニセ科学ではなかった磁気療法』である。
 磁気を加える部位とS磁・N極の選択が正しくなければ効果はない。そのための法則と理論が書かれている。それを理解すれば、誰もが多くの病気を即効的に完治させて健康を取り戻すことができるだろう。